97年、98年生まれの大学生が読むべきブログ

現大学1年生、2年生がするべきことを現大学3年生の僕が教えます。

日本の未来は明るい。

タイトルから早速ジャーナリストっぽくなりましたが

 

 

僕は声を大にしていいます!

 

日本の未来は明るいです!!

 

 

なぜか!

 

理由は2つあります!

 

1つ目!

日本は通貨で明るくなる!

 

これは巷で、いやもう日本中で話題になっていますが

 

ビットコインの存在です。

 

なぜビットコインが存在すると日本は明るいのか?

それは、ビットコインの発行数が一番多いのが日本だから!

そして、日本には現金が流通しまくっているから!

 

ビットコインはこれから通貨の主流になってきます。

メディアアーティスト落合陽一さんやアップルの創始者ウォズニアックがビットコインの可能性が十分にあると語っています!ググったら出てくるのでここでは取り上げませんw

 

そんなビットコインの発行数が一番なのが日本。

しかも日本では現金主義国。つまり、ビットコインにとってこんなにもライバルがいない状況は日本以外どこ探してもないんです!

 

そんなわけで日本は今後、ビットコインの普及によってどんどん経済が伸びていきますよーと言うことです。

 

2つ目!!!

日本は信用経済社会になるということ。

 

クラウドファンディングVALUがし、さらにブームで終わることなくどんどん信用経済が活性化しています。

 

そういえばビットコインもなぜ通貨として成り立つのかというのはユーザーの相互監視により信用が他のどの通貨よりも信用が高いからです。

 

未だかつてないほど信用が重要になっています。

韻を踏んでしまいましたが、日本ではこれから一番大切になる信用が経済として成り立っているんですよ!

 

信用経済のリーディングカントリーとして、日本は世界のトップを走っていくのではないでしょうか!!!

 

 

希望的観測を交えながらエビデンスもなく話しました。

多分これがブログのよさ。

 

ありがとうございました。

生きる意味って?

大学生が陥りがちな思考停止ワード

 

「生きる意味ってなんだろう・・・」

 

この問いを発したが最後、永遠に答えが出ない。

なんてことありますよね。

 

僕もよく陥りました。

 

生きる意味ってなんやねん・・・

 

 

でもでも、よくよく考えると

 

「意味」ってなに?

 

となりませんか?

 

 

「意味」の意味がわからないのに答えは出ませんよね。

 

そうなんです。生きる意味がわからないのは「意味」の意味がわからないから。

 

 

じゃあ、「意味」とは?

 

いみ
【意味】
《名・ス他》
  1. 1.
    言い手がどんな捉え方でその表現を選んだかに関わる、言葉の表す内容(と味)。「―を調べるのに辞書を引く」「短い句だが―が深い」「言外の―を汲(く)む」。更に広く、言語以外の表現にも言う。
     「名曲の―を探る」
  2. 2.
    行為・表現・物事の、それが行われ、また、存在するにふさわしい、価値。
     「―に富む人生を送る」
     
     
    なるほどなるほど
     
    すごく簡単に言うと2つあって
    ・言葉の表す内容
    ・行為や物事の存在するにふさわしい価値
     
    なんですよ!!!
     
    これ、すごい気づきじゃないですか?
     
    だって、生きる意味を考えるときは
     
    生きる「価値」を考えればいいんです!
     
    生きる価値を考えればすごくシンプルに答えが出せませんか?
     
    自分が価値だと感じているもの。
     
    僕は読書や将棋や友達や家族にすごく価値を感じていることが思い当たりました。
     
    だから、僕は生きる価値を最大限に味合うために生きています。
     
    こんな感じでいいんです!!!笑
     
    生きる意味を考えると抽象的すぎて、時には人は何のために生きているんだ!?
     
    とかなりますが
     
    そんなの人によって違います。
     
    だって意味って価値ですから!!!
     
    だから生きる意味に迷った時はこの考えを思い出してください。
     
    生きる意味とは生きる価値ということ。自分が何に価値を感じるかを考えること。
     
    そうすれば、すごく気持ちが楽になります。
     
     
    ちなみに「ため」とは
     
    ため
    【為】
     
    1. 1.
      利益となること。有利なこと。役に立つこと。
       「子の―を思う」
    2. 2.
      《体言+「の」「が」、または用言(主に動詞やそれに助動詞がついたもの)の連体形、またはそれに「が」がついた形に続いて》
      その事柄が次に述べる事の目的である意を表す。
       
      です。だから何のために生きる?の問いは
      だから自分に利益なこと、有利なこと、役に立つことを考えましょう!!!
       
       
      ではでは!!!!

大学1年生、2年生は読書しよう。

大学1年生、2年生のあなた。

 

読書はしていますか?

 

僕は読書の重要性に1年生の冬に気づいて1年で100冊以上の読書をするようになりました。

 

読書をするようになってどうなったか?

 

それは、自分で考えることができるようになりました。

 

 

なぜか?

 

読書が習慣になるまで、考えようとしても何を軸に考えればいいのか、どこまでは常識で、どこからは自分の意見がわかりませんでした。

 

しかし、読書して教養を身につけることで思考の基盤を築くことができます。

 

 

例えば、大学生になって考え始めることが多いであろう問い。

 

「なぜ生きるのか?」

 

正直、これは正解はありません。

 

しかし、生物としての正解はあります。

 

「遺伝子を繁栄させるため」です。

 

これを理解していると最低限の考える基盤はできます。それからじゃないと思考もクソもありません。

 

そして、なぜそう言えるのか、どうして遺伝子を繁栄するのかが気になったらその関連の読書をします。

 

 

そうすることで思考が深くなり、考える軸ができます。

 

advice

まずは今日から1ヶ月間で1冊読もう。

 

 

読書するための本↓

 

 

大学生はリスクヘッジの方法を勘違いしている

突然ですが!!!!

 

 

大学生のみなさん!!!!

 

日常生活でリスクヘッジはしていますか???

 

 

 

そもそもリスク管理がなんぞや?という人もいるかもしれませんね。

 

すごーーーく簡単に言えば、

ミスをした時に被害を最小限に抑えること

 

とでも言っておけばよいでしょうか。

 

そういうとみんな

 

「ああ、できるだけ危険なことはしないようにしているよ^^」

とおっしゃるかもしれません。

 

 

しかし!!!!

 

そんなものリスクヘッジでもなんでもない!!!

 

 

むしろ、それがリスクかもしれません。

 

 

もちろん、圧倒的交通量の道の信号を無視するとかそういうことじゃありませんよ。笑

 

 

僕が言いたいのは、

 

大学生が失敗が怖いから行動をしない

またそれを

リスクヘッジであると勘違いしている人が多すぎるということ。

 

 

例えば

・授業内プレゼンを立候補しない

これはリスクヘッジではなくて

 

・立候補して、内容が飛ばないように何度も練習する、

またはそれでも内容が飛んだ時のためにカンペを用意する

 

が本当のリスクヘッジです。

 

 

大学にリスクをとる場面なんかあるか???

 

あります。

 

いや、作るんです。

 

今ならキャ⚪︎アバイトだったりウォン◯ッドリーとかでどこでもビジネスに携わる機会はありますし、

 

飛び込みで

職業体験さしてください!!!

とかしてもいいかもしれません。むしろこっちの方が好かれるかも?

 

 

大学生のうちにちゃんとリスクを取っていなかったら社会人になってとるべきでないリスクを取ってしまい、生活ができなくなる、なんて可能性もあるのです。

 

つまり

 

 

・大学生のうちはリスクを取らないことがリスク

 

・本当のリスクヘッジはリスクを負わないことではなく行動に伴って起こりうるリスクに対処すること

 

なのです。 

 

 

 

「そんなの当たり前じゃんwwwwwwwwww」

 

 

と思ったあなた。

 

日頃からリスクヘッジを正確に理解をしている証拠ですv^^

 

 

周りに勘違いしてるなーというお友達がいたら教えてあげてください!!!

 

 

 

結論!!!!

 

リスクを取らないことがリスクだあああ!!!

 

 

 

Apple への信頼

ついこの間iPhone7にした。

 

それまで6sを使っていたのだが画面が割れていて下取りに出せなかった。

そのため買取に出した。

 

 

買取に出す前にある噂を思い出した。

 

 

買取に出すと初期化していても復元されてしまうというもの。

 

 

 

あまり気にはしないがいい気持ちもしない。

 

そんなことを考えているとiPadのロック解除をめぐるこんな騒動がちょうどあった。

 

 

亡き息子のiPadロック解除、遺族らがアップル社に拒否される 英

 

 

これには非難の声が相次いだようだが、

 

裏を返すと情報は死んでも死守されるということ。

 

 

 

住所や名前、性別、血液型など、その人に関する基本的な情報は安易に調べ上げることができ、

情報の価値は殆どない。

 

 

 

しかし、こと携帯やパソコンなど情報端末に入っている情報には全く別物になる。

 

ラインなどのやりとりやGPS機能、メモやクレジット機能。

スマホのみで金銭のやり取りもできる。

 

そんな情報を簡単に復元できたり、ロックを解除する方法が世に出てしまえば

安心して使うことができなくなってしまう。

 

 

 

それを懸念したかはともかく、

アップルをめぐるロック解除問題でアップルが応じない限り

アップルへの信頼は今後揺らぐことがないだろう。

 

 

 

「すごい」人を「すごい」と思わない重要性

インターンを始めて、最初の2ヶ月は制度が整ってない中、テレアポをずっとしていた。


2ヶ月後制度が整えられ、キャリアバイトでインターンを募集し始めて、一気に15人くらいインターン生が増えた。


そのインターン生の中に、とっつきにくい優等生といった雰囲気の1つ上のインターン生がいた。


2ヶ月一緒にいたが、今日始めて2人きりで話した。


想像以上に熱い人で、自分に持っていないものを持っていた。


その人はとにかく奉仕の精神を持っていて、なおかつ感謝されるのが嫌いということ。


また、ブランドがある人を前にして萎縮してしまうという質問をすると


「それは相手をすごいと思っているから。その時点で下に立っている。」


と言われ、自分の中で何かが弾ける音がした。


そうか、萎縮してしまうのは自分が負けてると思ってしまうからか。


これから、どんな人を前にしても、敬意ははらうが「すごい」と思わないようにしよう。


1つのことを抽出して「すごい」と思ってしまうと他の部分でも負けていると思ってしまう。


壁を感じる人とも深く話し合うことで新たに気づきを得れるということ。


すごいと思ってしまうから萎縮してしまうこと。


今日得れたものは大きいです。


うーん、、、税制改正大綱

今回は書評レビューではないです。。楽しみにしていただいていた方ごめんなさいm(_ _)m

 

税制改正大綱の話です。

 

税制改正大綱が決定しました。

 

今回一番のポイントと成っているのは配偶者控除の見直しではないでしょうか。

 

どんなものか簡単に言うと、

 

現在まで結婚しており主にパートで収入を得る人は年間収入が103万円を超えると税の控除額が減少、もしくはなくなってしまいました。

今回の改正でその上限が150万円まで増えます。

 

控除とは支払う税を少なくしますよーというもの。

 

主にパートで収入を得る人はいままで103万円を超えないように調整してきましたが、2018年度からその金額が150万円に増えます。

しかし、主な稼ぎ手の収入が1220万を超える世帯では反対にその控除は一切なくなります。

 

それによりパートで収入を得る女性の社会進出を助長でき、経済格差を是正できるのではないか!ということですね。

 

この改正には概ね賛成です。

 

懸念点は、

 

政府として、税収増加の見込みはあるのか?

社会保障費などがギリギリの状況であるのに税収が減少すれば破綻しかねません。

 

改正によって税収が伸びればいいのですが・・・

 

配偶者控除の改正自体では税収が伸びると思えませんが、この改正によって消費が伸びれば良いのです。そうすればお金が回りやすくなる。

 

ただ、減税されたからといっても、通帳の数字に影響するだけで実際に現金が目の前に現れる訳ではないのです。

 

当たり前だろって話なんですが、ここは非常に重要だと思っていて、お金が入った実感がわかないためにそのまま貯蓄に回す人が多いのではないかと。

 

例えば確定申告って全部会社がやってくれるからお金が戻った実感がわかない。というか気付かない。

 

以前していたインターンでは個人事業主として働いており、自分で確定申告しなければいけませんでした。

周りの人は確定申告を終え、お金が戻ってきたことを見て新しいスーツや腕時計などを買っている人が多くいました。

 

人って単純ですね。。。笑

 

まあそんな感じで実感がわけば消費が増えるわけです。

 

今回は控除額が減って通帳の数字しか変わらないわけですから消費が伸びるとは思えないのです。そして税収だけが減る。。。

 

そのようなことが起こりかねないのです。

改正自体は良いのですがどうも思い通りいかない気もします。。

 

 

今回はこんな所で失礼します。

 

ではでは。